活用事例のご紹介

With-コロナ環境における大学プリント環境構築に向けて

University campus

現在、政府の緊急事態宣言を受け、多くの大学ではキャンパスへの学生の立ち入りを禁止ています。

今後、新型コロナウイルスの蔓延がある程度終息しても、以前のようにPC教室に学生を集め、講義を行うという授業は難しくなる可能性があります。ある程度学生と学生の距離をあける必要があり、それに伴い、学習の場所もキャンパス内のどこでも、自宅でも、フレキシブルに学習できる環境を早急に構築する必要があります。大学内の教室での人口密度を半分程度に抑える必要があります。

必然的に学生はPCやモバイルデバイスを駆使して学習することになり、持ち込みデバイスBYODがインフラ構築上の大前提となります。

持ち込みPCデバイスからキャンパス内ならどこからでも印刷指示が出来、学生証で認証プリントすることにより、共用プリンタから安全に印刷でき、その使用量を適切に管理できるツールが必要になります。

PaperCut MFはこのような環境を簡単に実現できます。すでにPaperCut MFを導入済の大学様では、最新版のPaperCut MFへアップグレードし、追加設定を行うだけで使えます。

システムを検討されている大学様はお気軽にPaperCut 販売店もしくはCOSYまでお問合せ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る