活用事例のご紹介

  1. Print Cost

    プリントにかかったコストを研究室ごとに集計できます。

    PaperCut MFを使うとプリントにかかったコストを研究室ごと、費用科目ごとに集計することができます。また、これらの費用アカウントごとに上限のバジェット(予算)を決めて、運用することができます。多くの場合、大学から研究室に予算がつけられれ、その範囲内で研究活動を行っています。

  2. University campus

    With-コロナ環境における大学プリント環境構築に向けて

    現在、政府の緊急事態宣言を受け、多くの大学ではキャンパスへの学生の立ち入りを禁止ています。今後、新型コロナウイルスの蔓延がある程度終息しても、以前のようにPC教室に学生を集め、講義を行うという授業は難しくなる可能性があります。

  3. Google Chromebook からの印刷(Mobility Print)

    Google社は2020年末を持ってGoogle Cloud Printベータ版の提供を終了することをアナウンスしております。PaperCut Mobility PrintをChromebookにインストールすることよにり、ローカルネットワークを経由して印刷することが出来るようになります。

  4. プリントバウチャー方式で簡単プリント課金

    PaperCut MF, PaperCut Plusのプリペイドカード機能を使うことにより、簡単にプリント課金システムが実現できます。例えば100円で20ポイント分の印刷ができるバウチャーを管理者が印刷しておき、それを販売します。

  5. Mobility Print 導入事例を追加しました。

    PaperCut Mobility Print を導入し、学生の持込みPCからの印刷環境を劇的に改善された、群馬パース大学様事例を掲載しました。

  6. 図書館、ラーニングコモンズ向けソリューション

    PaperCutはタブレット、スマートフォーンから簡単に印刷できる機能を持っています。図書館や、ラーニングコモンズで提供しているWiFiに接続し、簡単に設置しているレーザープリンタやインクジェットプリンタから印刷することができます。

  7. 交通系ICカード課金対応

    複合機メーカーの提供するオプションにより、印刷時、交通系ICカードを使って支払うことができます。

  8. 各社プリンタ対応機種情報(随時更新中)

    エプソンPaperCut MFエンベデッド対応機種LX-10000F, LX-7000Fその他:ESCP対応プリンタに対応しております。

  9. Elatec_TCP_card reader

    PaperCut MF用ネットワークカードリーダ(簡単に認証プリント、オンデマンド印刷が可能)

    簡単にICカードによる認証印刷や、オンデマンド印刷が実現できるネットワークカードリーダが入荷しました。特別キャンペーンで以下の価格でご提供させていただきます。すでにPaperCut MFをお使いのユーザー様でしたら、ユーザー様自身で簡単に設置、設定ができます。

ページ上部へ戻る