お知らせ

4.22019

PaperCut MF 新ライセンス体系の追加につきまして。

PaperCut社は2019年4月1日より、新しいライセンス体系への変更を行っております。

新規購入ユーザ様には新しい価格体系が適用されます。

既存ユーザ様に関しては以下の対応をお願いしております。

1.既存ユーザ様の保守契約につきまして。

現在、すでに複数年の保守契約をご購入されているユーザー様に関しては、その保守期間終了まで、同一の条件で継続させていただきます。

その後の更新時は新しい保守費が適用されます。

2.新しく、SFPデバイスライセンス体系が追加されました。

今まで、フルセットの複合機(MFD,MFP)と、プリンタ機能だけのモデル(SFP: Single Function Printer)は同一料金でしたが、SFP専用の安価なエンベッデドライセンスが追加されました。対象はリコーSP-C841、SP-6440が該当します。

3.図書館支店ライセンスが追加されました。

図書館でプリント管理を行う場合、多数のユーザーが使用することが考えられます。図書館でご使用になる場合は、ユーザ数は無制限ライセンスになります。これは、大学の図書館だけに導入される場合も適用されます。

4.今まで、サイトサーバライセンスは有償でしたが、何台追加しても無償となります。ただし、保守費はサイトサーバが増えるに従って、追加されます。

5.Advanced Clientライセンスが無償になります。

詳しくは、WebフォームにてCOSYまでお問合せ下さい。

 

 

 

過去の記事

  1. 4.22019

    PaperCut MF 新ライセンス体系の追加につきまして。

    PaperCut社は2019年4月1日より、新しいライセンス体系への変更を行っております。

  2. 11.132018

    シャープ エンベデッド対応複合機情報をアップデートしました。

    統合スキャン管理、プリント・コピー経費管理、ICカード認証印刷など、複合機操作パネルを使えるPape...

  3. 11.122018

    リコー エンベデッド対応機種を更新しました。

    メーカー様と協議の上、リコー社、最新機種 SOP対応版の情報を更新しました。

ページ上部へ戻る