A 株式会社 様

【現状課題】

A社様のカスタマーサポートでは、特に顧客データを扱っており、
担当者が自由に個人情報を印刷できる環境に非常に危機感を持っておりました。

また、人の入れ替わりやパート社員も多く、特に退職する社員に対しては注意が必要と考えられていました。
転職する社員が、顧客リストを紙媒体で持ち出してしまうと、大変な事になります。これを防ぐため、社員が印刷時にチェックすることができるような仕組みが切望されておりました。

【PaperCut導入後】

PaperCutは特定のグループユーザーに対して、プリントジョブを一時停止させ、上長の承認が無ければ印刷できないような仕組みを構築することが可能であり、今回はこの機能を使って、上長の承認が無ければ印刷できないという仕組みを構築しました。

社員がPCで印刷指示→部長のPCに印刷許可要請のポップアップウインドウが表示されます。
→部長がOKをクリックすると印刷が開始されます。

部長が不在の場合のため、何人かの代理人、例えば課長が印刷許可するような設定を行い、業務に支障が無いような運用を行っています。

結果として、印刷作業に対して、統制をかけることができ、情報漏えい時のログのトラッキングも可能となり、紙ドキュメントによる情報漏えいリスクの低減に貢献することができました。

お問い合わせ
COSY社Webサイト
ページ上部へ戻る