活用事例のご紹介

3D プリンタ向け課金ソリューション

教育機関への導入が進む3Dプリンタですが、利用、運用管理は頭痛の種です。

3Dプリンタは新しく教育の可能性を広げるツールとして、大変有効な機器ではありますが、プリンタと同じく、消耗品を使う装置でもあります。無秩序に学生に使わせると、思わぬ不具合、コスト浪費につながります。

きっちりと運用規定を定めて、ルールに従って活用していただくことが重要になってきます。

PaperCutを使えば、既存の印刷用プリンタと同じように、各自に年初に設定された個人ごと、部署ごとのポイントから使用量に応じたポイント減算を行うことにより、プリンタ管理システムのコントロール下に置くことができます。

3D プリンタへの課金説明ページへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る